label-miru
label-kau

【山手おさんぽ周遊チケット】を使って巡ろう! “日本近代化×産業発展” わくわく歴史さんぽ

common-location_gr

東山手・南山手

|
common-clock_gr

半日コース

"幕末から明治にかけて、日本は西洋の技術や文化を進んで取り入れて、短期間で近代化を成功させました。近代化の先端を走り続けた「山手エリア」の歴史の面影を訪ねて巡るコースです。

※このコースは[山手おさんぽ周遊チケット]を利用すると“お得”に周遊できます!

common-mokuteki

スタート

other-down_arrow
other-map_pin_empty

1

メディカルセンター駅

common-clock_gr

滞在時間

0分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/487/1?t=17188290924042
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/487/1?t=17188290924042
shadow

スタートは、路面電車の「メディカルセンター駅」から。この停留場は大正5年に出師橋停留場(すいしばしていりゅうじょう)として開業しました。

詳しく見る
common-walk
徒歩5分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

2

東山手甲十三番館

common-clock_gr

滞在時間

10分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/488/1?t=17188290924122
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/488/1?t=17188290924122
shadow

最初に訪れるのは有名なオランダ坂に入ってすぐのところにある「東山手甲十三番館」。この洋館は、明治中期に賃貸住宅として建てられた洋風住宅で、イギリス人やアメリカ人などが居住し、香港上海銀行長崎支店の支店長も住んでいました。東山手の外国人居留地の代表的な建物です。(入館:無料)*外国人居留地=政府が外国人の居留および交易区域として特に定めた一定地域のこと。


詳しく見る
common-walk
徒歩2分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

3

東山手十二番館

common-clock_gr

滞在時間

15分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/489/1?t=17188290924204
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/489/1?t=17188290924204
shadow

続いて、東山手甲十三番館の門の左手を通る坂道を少し登ったところにある「東山手十二番館」へ。ここは、明治元年に建設されたと推定される初期洋風建築の代表例で、東山手地区では現存最古の遺構です。この建物は、ロシア領事館やアメリカ領事館、宣教師の住宅などに使用されていました。(入館:無料)

詳しく見る
common-walk
徒歩5分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

4

東山手洋風住宅群

common-clock_gr

滞在時間

10分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/490/1?t=17188290924285
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/490/1?t=17188290924285
shadow

次に向かうのは、東山手十二番館から5分ほどオランダ坂を歩いたところにある「東山手洋風住宅群」。かつての外国人居留地に明治20年代後半に建築された洋館で、密集した形で7棟の建物が建ち並んでいます。建物は、内外とも意匠・仕上げが質素で、構造上各棟がほぼ同一なことから、社宅や賃貸住宅として建設されたのではないかといわれています。(東山手地区町並み保存センターの洋風住宅は入館無料)


詳しく見る
common-walk
徒歩5分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

5

グラバースカイロード(斜行エレベーター)

common-clock_gr

滞在時間

5分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/491/1?t=17188290924366
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/491/1?t=17188290924366
shadow

洋風住宅群を見た後は有名なグラバー園へ。グラバー園へは「グラバースカイロード(斜行エレベータ)」を利用して“第2ゲート(入口)”を目指します。※このグラバースカイロードは2002年に開通した日本初の[公道]として造成されたエレベーターで、正式名称は『長崎市道相生町上田町2号線』となっています。(無料)

詳しく見る
common-walk
徒歩8分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

6

グラバー園(第2ゲート)

common-clock_gr

滞在時間

2分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/492/1?t=17188290924586
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/492/1?t=17188290924586
shadow

エレベータを降りて「グラバー園(第2ゲート)」から入園。高台にある第2ゲートから入園すると、丘の上の斜面地に建つグラバー園を「下り道のルート」で歩いて回れるので、疲れ知らずで観光を楽しむことができます。

詳しく見る
common-ticket

このスポットで使えるチケット

common-walk
徒歩0分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

7

グラバー園

common-clock_gr

滞在時間

60分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/493/1?t=17188290924667
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/493/1?t=17188290924667
shadow

グラバー園では、貿易会社の創設や蒸気機関を導入した修船施設建設、また洋式炭坑の開坑で功績を残したトーマス・ブレーク・グラバーの邸宅や、日本の近代化に尽力したウィルソン・ウォーカーの邸宅、フレデリック・リンガーの邸宅など貴重な文化財と共に当時の歴史を楽しむことが出来ます。(入館:有料) ※退出は第1ゲートから 


詳しく見る
common-walk
徒歩1分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

8

グラバー坂(おみやげ通り)

common-clock_gr

滞在時間

20分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/494/1?t=17188290924751
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/494/1?t=17188290924751
shadow

グラバー園を退出してグラバー坂のおみやげ通りへ。長崎のカステラやアイス、プリンやバターサンドなど、お買い物や軽食を楽しめます。

詳しく見る
common-walk
徒歩5分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

9

軍艦島デジタルミュージアム

common-clock_gr

滞在時間

50分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/495/1?t=17188290924833
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/495/1?t=17188290924833
shadow

次は坂を下りてすぐの「軍艦島デジタルミュージアム」へ。この施設は、明治日本の産業革命遺産として2015年7月に世界遺産登録された軍艦島(端島)を紹介するミュージアム。人口密度世界一の活気溢れる島の様子や、上陸ツアーでは見ることのできない立入禁止区域など、巨大スクリーンやプロジェクションマッピングで体感できます。(入館:有料)


詳しく見る
common-walk
徒歩2分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

10

長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館

common-clock_gr

滞在時間

30分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/496/1?t=17188290924914
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/496/1?t=17188290924914
shadow

最後は、軍艦島デジタルミュージアムの斜め前に建つ「長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館」へ。香港上海銀行長崎支店は当時神戸以西唯一の外国銀行で、外国為替や外貨の売買を主要業務とした特殊為替銀行でした。銀行として使われていた当時の様子を伝える展示や貿易港長崎の歴史、日本の近代化に大きな役割を果たした上海航路と国際通信など当時の様子を見て楽しめます。(入館:有料)


詳しく見る
common-walk
徒歩4分
other-down_arrow
other-map_pin_empty

11

大浦海岸通駅

common-clock_gr

滞在時間

0分

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/497/1?t=17188290924997
https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/contents/2551/497/1?t=17188290924997
shadow

お帰りは、近くの「大浦海岸通駅」から。

大浦海岸通駅から最寄りの主要駅までの目安・・長崎駅前駅まで約18分/めがね橋駅まで約11分/新地中華街駅まで約6分

詳しく見る
other-down_arrow
common-mokuteki

ゴール

この周遊コースを紹介した人

https://d3ufri3nvnsbrn.cloudfront.net/images/authors/1.jpg?t=17188290925393

STLOCAL編集部

読むとちょっとおでかけしたくなる、そんな記事を発信しています。2022年春「STLOCAL」をリリースしました!サービスエリアは長崎市を皮切りに順次エリア拡大中!アプリと一緒に、長崎のまち歩きを楽しんでください♪

Copyright © ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved.
STLOCALとは、旅するあなたに、 そのまちでのとっておきの過ごし方をご提案するサービスです
写真提供:長崎県観光連盟写真・記事提供:公益財団法人佐世保観光コンベンション協会
教会の写真掲載に当たっては大司教区の許可をいただいています。
当ウェブサイトの各ページのテキスト・画像の無断転載・複製を固くお断りします。
common-warn_cookie

このサイトではサービス向上のため、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」でCookie等を利用しており、サイト訪問者の情報をツール提供事業者へ送信しています。詳しくはこちら

logo_walk_text