【移住者が教える】出島「周辺」にあるオススメ穴場観光スポット | STLOCAL|長崎を旅するアプリ

【移住者が教える】出島「周辺」にあるオススメ穴場観光スポット

品川 正之介

更新日:2021.12.22
facebookでシェア ツイッターでシェア LINEでシェア

出島「周辺」には、魅力がたくさん

長崎観光で外せない場所の一つといえば、そうです、「出島」です。

鎖国時代の日本において、海外に開かれていた数少ない場所。「あ〜、学校の教科書に載ってた!」とおぼろげな記憶もある方が多いのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな出島の見所を解説する…と思いきや!今回は、出島「周辺」にあるオススメ穴場観光エリアをご紹介します。

出島の情報は既にネットやガイドブックにたくさんあるので、今回はあえて、出島周辺の隠れたオススメ観光エリアやスポットを皆さんにお伝えします。

 

おすすめエリア①:江戸町 – グルメもカフェもお土産も!

門は出島の形 & オランダ国旗の色

出島の正面にある「江戸町」。最近個人的にとても注目しているエリアです。美味しい飲食店、カフェ、雑貨屋さんが充実しているのですが、まだまだ観光客の方に知られていない穴場スポットです。今回はその中でも、オススメのお店をいくつかご紹介していきます。

 

群来軒

ローソン 江戸町商店街店のすぐ近くにあります

地元の方からの支持も厚い中華料理屋「群来軒」さん。

この日は、ランチタイムをずらした時間帯に入店したのですが、それでも地元のお客さんで賑わっていました。

 

地元民にアツい支持を受けるあんかけチャーハン

普段、群来軒さんではちゃんぽんや皿うどんばかりを食べていた筆者なのですが、地元の方から「あんかけチャーハンも美味しいよ!」とのお話を聞いたので、今回はあんかけチャーハンをいただきました。

 

アクセントの椎茸の風味がたまらない

結果、とても美味しかったです・・・!お肉やインゲンを始めとする具材の食感と、椎茸の風味の相性が、控えめに言って最高でした。次回来店時は、ちゃんぽんか、皿うどんか、それともあんかけチャーハンか…何を食べるか、非常に悩んでしまいそうです(笑)。

 

Cafe’平井

群来軒さんのすぐ近くにあります

群来軒さんのすぐ近くにある「Cafe’平井」さん。筆者が最近よく通うカフェの一つです。マスターの人柄や店内の落ち着く雰囲気で、すっかりお気に入りになってしまいました。

 

ホッと一息つける空間です

店内は、普段から常連さんが多いようで、マスターと常連さんとの何気ない会話が、店内に温かさを生み出しています。丁寧に淹れてくださるコーヒーも、とても美味しいです。

 

フルーツがとても贅沢

初めてCafe’平井さんを訪れた時に驚いたのは、ケーキについてくるフルーツ!何気なくケーキを頼んだのですが、一緒についてくるフルーツの量に驚きました。見た目も華やかでとてもお洒落。しかも、ケーキとコーヒーのセットで700円というリーズナブルさ。心もお腹も満たされます。

 

長崎雑貨 たてまつる

趣のある店構え

「長崎雑貨 たてまつる」さんは、長崎の景色や歴史、物語を丁寧にデザインに落とし込んだ雑貨を販売されているお店です。自分も、たてまつるさんの雑貨の大ファンかつヘビーユーザーの一人。毎日手ぬぐいを使っています。

 

長崎らしさが詰まったデザインの雑貨

 

筆者も愛用中の手ぬぐい

日常づかいにもお土産にもぴったりな、お洒落でかわいい(でも、それだけじゃなくて、長崎の魅力がたっぷり詰まった)雑貨がたくさんあります。とてもオススメな雑貨屋さんです。

 

おすすめエリア②:出島ワーフ

港に近い開放的なエリア

江戸町の次は、海沿いの「出島ワーフ」にやってきました。ここは、港沿いに飲食店やカフェが立ち並ぶエリアで、昼間は海風を感じながらお茶するも良し、夜は夜景を見ながらディナーするも良し、な開放的で気持ちの良いエリアです。

 

Delicious Restaurant Attic

今回やってきたのは「Delicious Restaurant Attic」さん。スペシャルティコーヒー専門店で、美味しいコーヒーがいただけます。カプチーノがお気に入りです。

 

ちなみにお願いするとラテアートを作ってくれます

カフェ以外にも、お昼はランチ・夜はディナーなどなど、いろんな時間帯で楽しめます。長崎の港の風景を眺めつつ、友達なんかと一緒に楽しく時間を過ごすのにおすすめです。

 

夕暮れの時間帯も綺麗

 

おすすめエリア③:出島町

Soubi’56

最後は、出島町(出島のちょうど裏側)にある「Soubi’56」さんをご紹介。長崎を代表する木版画家、田川憲の作品を展示するアートルームです。田川憲は、戦前・戦後を通じ活躍し、特に長崎の風情ある景色を(中でも、時代の流れによって変わり失われゆく長崎の風景を)版画として作品に残した人物です。

 

レトロなビルの中にあります

こちらは、長崎の街並みや風景、歴史やストーリーに興味がある人には、一推しなスポットです。県内外からこの場所を訪れるファンは数知れず。

 

個人的には「長崎好きは、必ずここに行き着くことになる」という仮説を持っています。笑。

 

2ヶ月スパンで作品が入れ替わります

このアートルームでは、基本的に一つの作品と、それと対になる田川憲のエッセイが展示されています。田川憲の視点から描かれ紡がれた「長崎」に触れるたび、新しい発見があったり、そうそう!と共感があったり、長崎を新しい視点で眺めることができたり…。

 

「有名・定番どころを巡る観光」も楽しいですが、田川憲の作品を通じて、もう一歩深く、長崎という土地が持つストーリーや文脈を味わう旅も、素敵なものになると思います。ぜひ皆さん、出島の近くに来た際は、訪れてみてください。

 

いうことで、今回は、出島「周辺」の穴場観光エリアをご紹介してみました。

今回のコースの一部詳細は、下記Youtube動画にもまとめてあるので、こちらも合わせて、ぜひご覧ください。

 

【長崎観光】江戸町散策 / 最近注目の穴場観光スポット【ぜひ立ち寄りたい】

それでは、楽しい出島「周辺」散策を!

 

今回ご紹介した内容のスポットをめぐるには長崎バスの路線バスや観光ルートバスのご利用もおすすめです!

 

※情報は取材当時のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。

この記事で紹介したスポット

この執筆者の新着記事

品川 正之介

(しながわ しょうのすけ)

神奈川県横浜市出身。1991年生まれの30歳。首都圏で5年ほど働いたのち長崎に移住。
現在は長崎の魅力(歴史・文化・景観・自然・食)を深堀りしつつ、各種SNSで発信中。好きな動物は猫。大好物は皿うどん。最近の口癖は「長崎は銀河系で一番面白い」。※2021年現在

アプリをインストール アプリをインストール トップへもどる
STLOCALアプリロゴ

ダウンロードはこちら